31歳からのスペインワーキングホリデー

31歳誕生日を迎える直前に滑り込みセーフでワーホリビザを申請したギリホリ日記

マドリードから週末旅行。〜美食の街 レオンで夜のタパス巡り〜

こんにちは、ゆきーた(yukita_mk)です!

 

前回に引き続き、レオンでのタパス巡り 夜編をお届けします。 

giriholi.81totheworld.net

 

f:id:yukitatotheworld:20191110050939p:plain

 

タパス巡り Barrio Romántico

 

レオンのバルは、Barrio Húmedo(バリオ・ウメド)とBarrio Romántico(バリオ・ロマンティコ)と呼ばれる2つのエリアに分かれて軒を連ねています。

Calle Ancha(アンチャ通り)を境に分かれていますが、レオンの街はとても小さいので行き来できる範囲内に全てが集まっています。

f:id:yukitatotheworld:20191110030322j:plain

 

日中はウメド地区を回ったので、夜はロマンティコ地区へ行ってみました。

すっかりスペインタイムでの生活に慣れたので、たっぷりお昼寝をした後、22:00ごろから散策スタート!

 

Camarote Madrid

 

小道を歩いていると、Bar MADRIDと看板を掲げているバルを発見。

気になったので入ってみることに。この時間帯になると道をスムーズに歩けないぐらい人で溢れています。

f:id:yukitatotheworld:20191110031034j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030933j:plain

 

中も大混雑。幸いにも奥の方にスペースを見つけました。

f:id:yukitatotheworld:20191110030843j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030702j:plain

ここも数種類のうちからタパスを選ぶことができます。

常連さんと店員の方が今日は〇〇はもうないよ、なんて会話をしていたので、夜遅いと種類が限られていくよう。

ここではSalmorejo(サルモレッホ)という、こってりとしたトマトの冷製スープを頂きました。

スペインといえばガスパッチョ(冷製トマトスープ)が有名ですが、これはもっとドロリとした、飲むというよりは"食べる"という表現の方が合っているスープです。

ちょうど良い塩加減でとても美味しかったです。

 

Camarote Madrid - Calle Cervantes, 8, 24003 León

✳︎生ビールとワイン1杯ずつ €4.6

 

Bar La Tizona

 

夜の2軒目はこちら。今まで巡ったバルとは一味違う、今風の洒落た感じの雰囲気です。BGMもノリノリな音楽が流れていました。

f:id:yukitatotheworld:20191110031038j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030658j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030916j:plain

このバルはカウンターにタパスメニューが置いてありました。

イカフライのボカディージョと、SPYRO TIZONAという、バルの名前が入っているものを注文。SPYROの意味が未だに分からないのですが、棒状の揚げ物が出てきました。

中身はソーセージとチーズだったような?チーズだけだったような?

イカフライ(下足でした)のボカディージョが予想以上に美味しくて、もう一つのことは忘れてしまいました^^;

 

Bar La Tizona - Calle de Ordoño IV , Calle Ordoño IV el Malo, 10, 24003 León

✳︎ビール1杯 €1.5

 

La Nueva Ruta Jacobea

 

3軒目はLa Tizonaの近くにあった空いていたバルに入ってみました。

f:id:yukitatotheworld:20191110030651j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030737j:plain

ここは、タパス巡りとしては大失敗。

カウンターには魚介類や、美味しそうな料理が並んでいますがこれはメニューから注文したら提供されるもので、肝心のタパスはというと、カッサカサに乾燥したミニバーガーやボカディージョ。

現に、Google Mapの評価も2.6・・・

実は、訪問後にMapで保存すらしておらず、バルの外観の写真も撮っていなかったので店名が分からなかったのですが、今記事を書きながらGoogle Mapで探してみたところ、評価が低いバルが見つかり、店内写真でここだと判断できました。

タパス目的の場合、夜なのに空いているバルにはなるべく入らないことをお勧めします!!

 

La Nueva Ruta Jacobea - Plaza Torres de Omaña, 6, 24003 León

✳︎クララ(ビール)1杯 €2.2

 

El Patio

 

気を取り直して次のバルへ。

おしゃれな雰囲気の広々としたバル兼レストランで、立ち飲みしている人もたくさんいましたが、店内が奥まで広く、レストラン利用のお客様が多い印象でした。

f:id:yukitatotheworld:20191110030903j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030926j:plain

 私はアルコールをストップしてトニックウォーター(Tónica トニカ)を注文。

日本ではノンアルコールのオプションがたくさんあるのであまり頼みませんが(というかトニックウォーターだけで提供しているところがそもそも少ない?)海外だとトニックウォーターが好きでよく飲んでいます。

タパスはクロケッタとエビのフライを頂きました。

溶いた卵と小麦粉ベースの衣を付けて揚げているエビフライ、スペイン語だとgambas a la gabardinaと呼びますが、gabardinaはトレンチコートやレインコートの意味。コートで包んだエビということになるのでしょうか。

日本でも"衣"を付けるという表現なので似ていますが、それよりも可愛い感じがします。

 

El Patio - Plaza Torres de Omaña, 2, 24003 León

✳︎ビール、トニックウォーター1杯ずつ €4.0

 

Bar La Trébede

 

そろそろデザート探しに切り替えようと思った矢先、El Patioのすぐ隣、小さいながらとても賑わっているバルがどうしても気になるので入ってみました。

f:id:yukitatotheworld:20191110030705j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191110030746j:plain

 

タパスは一種類のみで、Picadillo de Chorizo(ピカディージョ デ チョリソ)というチョリソをミンチ状にしたものがグリルポテトに乗っている一皿でした。

ここでは自家製ベルモット*を注文。

日本では飲んだことがなかったのですが、スペインの家族経営っぽいアットホームなバルには決まって自家製ベルモットが置いてある(気がします)ので、あると頼んでしまいます。

お召しのトップスのイラスト並みにバッチリ決まったママが笑顔で接客してくれ、とても良い気持ちで時間を過ごすことができました。

タパス巡りした中で、ここが1番お勧めかもしれません♡

 

Bar La Trébede - Plaza Torres de Omaña, 1, 24003 León

✳︎ビール、ベルモット1杯ずつ €3.9

 

*ベルモット=香草やスパイスを配合して作られるフレーバードワイン

ベルモット - Wikipedia

 

日中通りがかって気になっていたクレープ&アイスのお店はもう閉店していたので、デザートは諦めてホテルへ帰りました。

 

Barrio HúmedoとBarrio Románticoを巡って

 

日中から夜まであちこちバルをまわってみた結果、個人的な感想ですが、昔ながらのスペインバルが多いBarrio Húmedoの方が、良い意味で田舎っぽくて好みでした。

トレンド感のあるおしゃれなバルが好きな方はBarrio Románticoの方が好みに合うと思います^^

(イメージ的には、バルで飲んでからクラブにパーティーに行くようなオケージョンならロマンティコがお勧め!)

 

総括としてお伝えできることは、

ドリンクを頼むだけでお腹もいっぱいになれるのは本当だった!ということです。

しかもお値段もとてもお手頃で楽しめちゃうので、スペインでしか味わえないバル巡りをしたい方にお勧めです。

今回バル巡りをしたレオンの旧市街は、城壁に囲まれており、昔イスラム勢に対抗していた時にレオン王国が建国されたことを感じることができるし、サグラダ・ファミリアで有名なガウディの建築物(Casa Botines カサ・ボティネス)を見学できたり、大聖堂のステンドグラスが素晴らしかったり・・・

バル巡り以外にも見所がたくさんあるので、小旅行にぴったりな街です。

 

f:id:yukitatotheworld:20191111053854j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191111053859j:plain
f:id:yukitatotheworld:20191111053848j:plain

▲スペインに来てからすっかり見慣れてしまいましたが、城壁に囲まれているなんてファンタジーの世界みたい。レオンはサンティアゴ巡礼の北部ルートでもあるので、シンボルの帆立貝を度々見かけました。

 

ただただ飲み歩いたお話にお付き合いいただき、ありがとうございました!